アクセスアップ 検索エンジンスパムの解説です
子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアル

TOPアフィリエイトホームページアクセスアップ講座 >検索エンジンスパムって何?

検索エンジンスパムって何?

検索エンジンスパムとは、検索エンジンが嫌う不正行為のことをさします。詳しく言うと、検索エンジンの質をさげる悪質なサイトが、ロボット型検索エンジンの検索結果の上位表示を狙って使ってくる裏技のことを、検索エンジンスパムと言います。

大手の検索エンジン運営者は、質の高い情報あふれる検索エンジンの運営を目指しています。そのためには、検索エンジンを利用するすべての人が欲しがるような内容が濃くて役立つ、本当の意味での質の高い情報を提供できるサイトを、検索エンジンの検索結果に上位表示させたいと願っています。

でもそれとは裏腹に、検索エンジンの上位表示ばかりを狙ってくる悪質サイト運営者がいることも事実。ロボット型検索エンジン運営者は、このようなことができないように、悪質なサイトにペナルティを与えます。

このペナルティもピンキリですが、あまりひどい場合だと二度と検索エンジンに表示されなくなってしまいます。悪気がなく受けてしまった検索エンジンスパムでも取り返しのつかないことになってしまいますので、SEO対策も注意してやることが必要です。

今、ココを見ているあなたはきっと初心者の方が多いと思うので、そんな凝ったことできないよ〜なんて思うかもしれません。でもうっかり勘違いしてしてしまったことが検索エンジンスパムだった、なんてことがないよう、検索エンジンスパムの例を解説します。

検索エンジンスパムの例

ここでは初心者の方が勘違いしてやってしまいそうな、検索エンジンスパムの例をいくつかあげます。

検索エンジンロボットだけが読めて人間が読めない文字

例えば、背景と同じ色の文字。もしくは人間の目だけではわからないくらいの色の違う文字。小さすぎる文字…などを入力すること。

METAタグを不正に利用する

例えば、同じキーワードを連続して入力する。ページに関係ない文字…などを入力すること。METAタグは悪用する人が多いため、残念ながら現在では重要視されていません。

タイトルタグ・H1タグを不正に利用する

例えば、タイトルタグに同じキーワードを連続して入力する。H1タグを1ページにいくつも記述する…ことなど。

キーワードを複数入力すればその文字はさらに強調されますが、不自然に複数入力するコトは絶対にしてはいけません。

自動登録リンク集,バナーエクスチェンジ,アクセスランキング

自動登録リンク集とは、サイトに設置しておけば管理人の審査いらず、サイトのジャンル問わずに相互リンクできてしまう便利なものなのです。でも、CGI表示の動的ページでリンクを貼り合うあるため、ロボット型検索エンジンには重要視されません。

静的ページへ相互リンク依頼するで詳しく解説していますが、サイトの管理人自らの手によって貼られるhtmlファイルのリンクの方が自動的に貼られるリンクよりも幾分も重要度は高まります。

よって自動登録リンク集のみならず、ただアクセスを稼ぐだけのバナーエクスチェンジやアクセスランキングも同じようなもので、ロボット型検索エンジンにとっては重要度の低いリンクとされてしまいます。

ロボット型検索エンジン運営者は、ホームページやブログ同士で関連のない、ロボット型検索エンジンへの上位表示のためだけにリンクを貼り合うことを、あまりよく思っていません。以前はペナルティを受けることもあったようですが、現在は少なくなったようで過度でなければ大丈夫です。ただし、あまり効果がないコトを承知しておいてください。

サイトにリンク集を設置する場合はジャンル別にわける

自分のホームページやブログにリンク集を作成する場合は、ジャンル別にわけましょう。 上でも解説しましたが、ホームページやブログ同士で関連のない、ロボット型検索エンジンへの上位表示のためだけにリンクを貼り合うことをあまりよく思っていません。で以前はペナルティを受けることもあったようですが、現在は少なくなったようで過度でなければ大丈夫です。ただ、他ジャンルのサイトと相互リンクする場合も、静的ページを狙って相互リンクするようにしましょう。

ここでは初心者の方があやまってしてしまいそうな検索エンジンスパムに該当することをまとめてみました。検索エンジンのロボットだけが読めてサイトを訪問してくれた人に無利益な行為がまさに検索エンジンスパムと言えるでしょう。SEO対策については他の専門サイトさんを参考にしてみるともっともっと詳しく解説してくれてあります。

ロボット型検索エンジンは、質の内容の高く、内容の濃い情報を提供できる検索エンジンンを目指しています。質の高い情報を提供するためには、質の高く、内容の濃いサイトを検索エンジンの検索結果の上位表示に表示させなければならないのです。

SEO対策はロボット型検索エンジンで上位表示されるのにはとっても必要なこと。

しかし、それがSEO対策の進化でいつ効果がなくなってしまうのかもわからないものです。検索エンジンは常にお客さんが一番求める質の高い情報を提供しようとしています。しかし、悪質なサイトの不正行為でお客さんのいらぬ情報が上位表示されてしまうと検索エンジンの質はさがりかねません。そのために検索エンジンスパムを使ったサイトにペナルティが与えられるのです。悪質サイトも常に上位表示を目指しており、検索エンジンが対策をとっても悪質サイトもまたすぐに別の方法で上位表示を目指してきます。そのため、SEO対策も日々変わっていきます。

何が変化しても唯一変わらないのはサイトの内容。サイトの内容だけは自分自身で濃くできるるものです。常に検索エンジンの目指す質の高い、お客さんがほしい情報を提供できるサイトにし、ロボット型検索エンジンに上位表示を認められるサイトを目指してがんばりましょう♪それが本当の意味で質の高いサイトと言えます。