アフィリエイトバナーと画像挿入のしかたについて解説しています。
子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアル

TOP初心者向けアフィリエイトホームページ作成講座 >アフィリエイトのバナーと画像挿入について
アフィリエイトのバナー画像の挿入方法

アフィリエイトサイトにバナーを挿入する方法を解説します。

アフィリエイトするとき、バナー広告の挿入は必要不可欠。バナー広告の挿入は、専門知識をもろに必要とします。初心者の最初の難関と言えるでしょう。

バナー広告は、『画像の広告』です。よって画像挿入の知識が必要です。サイト作成で、画像挿入知識が必要なものは、以下の通りです。

  • バナー広告
  • サイトのロゴ画像
  • サイトを飾る画像

こんなシーンで役立ちますよ。ここではバナー広告と画像をサイトに挿入する方法を紹介します。

ホームページを飾るための画像の挿入方法

ホームページを飾るための画像は大きく分けて2つ。ホームページのロゴと、飾りのための画像です。ここでは画像をどのようにして作成するのか、画像をホームページに挿入するための操作方法について解説します。

おこづかいサイトのバナーの挿入方法

おこづかいサイトを作るのに、バナーの挿入ができないことには話になりません。ここではインターネット上のバナー広告をホームページに挿入する方法について解説します。

画像やバナーを挿入するときの注意点

ホームページの見栄えがよくなる画像やバナー広告。そんな画像やバナーを挿入する際の注意点がいくつかあります。ここでは画像やバナーの扱い方の注意点を解説します。

画像の挿入は最小限にするコト

画像、特に動く画像をホームページに入れすぎないようにしましょう。画像はファイルサイズが大きいため、ホームページを開くのに時間がかかってしまいます。特に動く画像のファイルサイズは大きいので注意が必要です。画像の使用は最小限にとどめましょう。これについては、アフィリエイトサイトのデザインと構成を考えるでも解説してきました。

画像も忘れずにアップロードするコト

ホームページをインターネット上に公開する作業をアップロードと言います。アップロードする場合、ホームページのファイルとは別に、画像は画像でアップロードしないと、インターネット上に画像が表示されません。

画像もおこづかいホームページと同じフォルダに(別のフォルダでも構いませんがわかりやすくするために)保存しておきます。そしてアップロードする時にはホームページとは別に、画像も単独でアップロードするようにします。これは後の、アフィリエイトホームページをアップロードするでも解説していきます。

画像の保存はなるべくgif形式でするコト

自分で画像を作成した場合は、通常の保存方法で構いませんが、インターネット上に公開されている素材屋さんなどの画像を保存する場合は『右クリック』→『名前を付けて画像を保存』で任意の名前をつけて保存してください。

その際、画像の拡張子はなるべく『gif』(ジフ)形式に変換しましょう。『bmp』(ビットマップ)形式でもいいのですが、画像容量が大きくなってしまい、サイトの容量が大きくとられてしまいます。gif形式で保存すると、画像容量を少なくすることができます。

素材屋さんで借りた画像は、たいていgif形式になっているので拡張子を変換せず、そのまま保存してもOK。でも自分で作成した画像は、画像を保存するときに必ずgif形式で保存しましょう。変換する場合は、gif形式で保存するだけで自動で画像の拡張子が変換されます。

拡張子の変換

画像には必ずaltタグをつけること

環境によっては画像が表示されない場合もあります。そんなとき、画像の代わりに表示されるのがaltです。画像が表示できない環境でも『alt=”画像の名前.拡張子”』を入力することで、どのような画像が表示されるのかを確認できます。

『alt=”画像の名前.拡張子”』は、半角文字で入力しましょう。altは、アクセスアップにも関係してくることなので、必ず入力しましょう。

初心者向けアフィリエイトブログ作成講座へ戻る♪

アフィリエイトでおこづかいへ戻る♪

子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアルTOPへ