主婦のためのはじめての在宅ワークの確定申告についての解説です
子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアル

TOP >主婦のためのはじめての在宅ワークの確定申告
主婦のためのはじめての在宅ワークの確定申告

主婦が在宅ワークで稼いだら確定申告をしなければなりません。ただ1円でも稼いだら…というのではなく、一定額を超えたときから必要になります。パートの場合は103万円がボーダーラインと言われていますが、在宅ワークの場合はまた少し違いますよ。ここでは主婦のためのはじめての在宅ワークの確定申告についてまとめました。

いくら稼いだら確定申告が必要になるの?

確定申告は毎年1月1日から12月31日の所得金額で行います。主婦が在宅ワークで稼いだ金額が38万円を超えていなければ確定申告の必要はありません。ただしクライアントと直接契約していて、源泉徴収されている場合は収入に関係なく確定申告をしなければ損をしてしまいます。

この38万円は収入そのものを指すのではなく、経費を引いた残りの金額のことをいいます。たとえば一年間にアフィリエイトで39万円稼いだとしましょう。さらにホームページのサーバー代を年間で3万円支払ったとします。サーバー代はアフィリエイトをやるために必要な経費なので差し引きます。すると39万円-3万円=36万円になります。

たとえ収入が39万円でも経費を差し引くと36万円の所得になるので、この場合の確定申告は不要になります。あくまでも収入額ではなく経費を差し引いた所得額が確定申告の対象になると覚えておきましょう。もし38万円を超えてしまったら白色申告を行いましょう。

白色申告の場合
【実際に稼いだ金額】-【経費】=【38万円以上なら確定申告の対象に】

はじめての確定申告は白色申告で

確定申告には青色申告と白色申告があります。青色申告は税負担が大幅に減るので非常に魅力的ですが、簿記を用いて厳密に行うので大変です。もし青色を行うのならその年の3月15日までに営業開始届と青色申告承認申請書を税務署へ提出してある必要があります。

確定申告しなければならないほど稼げたのかを自覚するのがおおよそ年末なので、3月15日の青色申告を申請する時期にはもちろん間に合いません。そのためはじめての在宅ワーク所得の確定申告は白色申告になります。

もちろん翌年の確定申告からは青色申告にすることも可能です。その際には3月15日までに税務署へ営業開始届と青色申告承認申請書を提出してください。すると38万円に加えて特別控除の65万円を足した103万円より収入が少なければ所得税を納めなくてもいいという特典があります!

これならパートと同じ金額まで稼いでも節税することができますね。しかしこれが適用できるのは主婦が在宅ワーク1本で仕事をしている場合のみです。本職があって副業として行っている場合は20万円以上稼いだら申告しなければなりません。いろいろと複雑になってくるので税務署へ問い合わせてみましょう。

青色申告の場合
【実際に稼いだ金額】-【経費】=【103万円以上なら確定申告の対象に】

主婦のためのはじめての在宅ワークの確定申告目次

子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアルTOPへ