子育てママの女性ホルモンと生理周期の解説です
子育てママののほほんおこづかい稼ぎマニュアル

TOP >子育てママの女性ホルモンと生理周期
子育てママの美容と健康
きれいになるためには、ただがむしゃらにケアをすればいいというわけではありません。

まず女性がきれいになる秘訣は女性ホルモンのバランス。女性ホルモンは美容だけではなく、健康までもを支える大事な役目をしており、女性の美容と健康そのものといえます。

どんなにすばらしいケアをしてもホルモンバランスが崩れていては効果がありません。では女性ホルモンとはどのようなものなのでしょうか。
女性ホルモンとは?
女性の体には生理周期というリズムがあります。女性ホルモンとは月経・排卵など女性の生殖機能を維持するためにかかせない重要なホルモンで,、女性らしい体をつくるものです。

代表的なものが生理周期の卵胞期に分泌される『エストロゲン』と黄体期に分泌される『プロゲステロン』です。エストロゲンとプロゲステロンは常に一定の量を分泌しているわけではなく、月経周期の中で一定の波を保ちながら増えたり減ったりしています。

エストロゲン (卵胞ホルモン)
エストロゲンは、生理の終わり頃から排卵前に優位的に分泌されるホルモンです。

排卵の準備をするために分泌されるホルモン
月経周期をつくるホルモン
女性のきれいをつくるホルモン(大きな胸、くびれたウエストなど)
健康を維持するホルモン(コレステロール抑制、骨密度)心の面は気持ちよく頭もさえ、のびのびと過ごすことができ、体の面も肌はきめも整いきれいでダイエットやバストアップの効果はこの時期にかんばると効果的に表れます。
エストロゲンは女性に美と健康をもたらす、すばらしい役目をしていますが過剰な分泌は頭痛、吐き気など体調を崩す恐れがあります。過剰な分泌は体によくありません。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
プロゲステロンは、排卵から次の月経までの間優位的に分泌されるホルモンです。

妊娠を想定して分泌されるホルモン(子宮内膜を受精卵が着床しやすいように保つ、乳腺の発達など)
エストロゲンの分泌をおさえ、ホルモンバランスを保つ。心の面はイライラしてナーバスになになりやすく、体の面も体温が上昇し、体重も増加しやすく、むくみやすく、便秘になりやすい。肌もあぶらっぽくなりにきび・しみもできやすい

エストロゲンとプロゲステロンはおもしろいことにお互い正反対の役割を果たしています。エストロゲンが優位に分泌される時期は女性が元気できれいで輝く時期、プロゲステロンはさすが妊娠を想定して優位に分泌される女性ホルモンだけあってあまりがんばりすぎないように体を休めるようにという風にできているのかもしれません。

前にも述べたようにエストロゲンが常に優位に分泌されればいいというものでもなく、エストロゲンとプロゲステロン、この二つの女性ホルモンのちょうどいいバランスが美容と健康の秘訣です。きれいな人はホルモンバランスもよく、健康です。

女性ホルモンのバランスを知る方法
この女性ホルモンのバランスを知ることは美容や健康のためだけではなく、子育てをする上でもとっても大事だと思います。子育てって毎日のことでムリをすることやイライラすることもしばしばあります。自分の体が今どのような状態かを知っておけば、プロゲステロン優位の時期も『今はブルーな時期だし…』と自分で気持ちの整理もでき、不必要にモヤモヤすることもなくなります。


私もプロゲステロン優位の時期は疲れやすいので夜更かしはせず、どんどん休みます(-_-)zzzみなさんも自分の体と上手に付き合っていきましょう。

女性ホルモンのバランスを整える方法
生理周期とは女性の健康と美容そのものなのですね。一言で言うと、生理周期を整える=女性ホルモンのバランスを整えるです。では女性ホルモンのバランスを整えるための方法と、女性ホルモンバランスを整えるために一役買う商品を紹介しちゃいます。私も体質改善のために愛用中ですよ。



女性ホルモンを整えるためにはまず、当たり前の生活を当たり前にすること。それを踏まえたうえで、女性ホルモンのバランスを整えるアイテムの手助けを得るといいでしょう。まずは自分の生活習慣を見直してくださいね。